• スタッフA子

北海道フラワーソン2022!

6/18(土)、5年に一度、野の花の開花状況を全道一斉に調査するイベントに参加しました。「植物の国税調査」と言ったところかな。

全道400グループ参加者約2700人、554地区で実施されました。

移住club函館からは10名の有志が集まりましたが、問題は植物に詳しい人が殆ど居ない(^-^; でも配布された図鑑やスマホのGoogleレンズを駆使し、皆で和気あいあい楽しみながら調査できました。結果43種類確認!なかなかの出来と皆自画自賛(^^♪


最終報告がまとまりましたので、主抜粋報告!

*調査開始以来、春の花が最も少なかった。

*開花上位7種を外来種が占めていた。

*開花確認地区が最も多かった花は、外来種のシロツメクサ。

*外来種キバナコウリンタンポポが分布拡大。

*オオバナノエンレイソウ・スズランの確認地が減少


結果を見ると、海だけでなく温暖化の影響が植物にも影響しているようです。


最後は皆でお弁当を持参して昼食会! 久々に皆で楽しい時間を共有できました(*^^*)






閲覧数:4回